目立ってしまう女性のひげは医療脱毛で解決!

目立ってしまう女性のひげは医療脱毛で解決!

ひげに悩む女性がとても多いというのは、脱毛サロンやエステサロンで顔用の専門コースがあることからも明らかです。
こうしたサロンで採用されている光脱毛です。

 

もう一つ、クリニックで医師の元でしか行えない医療脱毛というのをご存知でしょうか。
医療脱毛で採用されているのはレーザー脱毛というもの。
光とレーザーでの施術のやり方自体にはあまり違いがありません。

 

ただ、照射できる光の強さに違いがあるために、その効果には違いが出てきます。

 

サロンで使用される脱毛器は、足やVIOといった毛の太い部位に対しては非常に高い効果があります。
ただ、産毛のような細い毛に対しては効果がなかなか現れないというデメリットがあるというのはあまり知られていません。

 

医療用のレーザー脱毛器は、毛根を直接破壊できる強い照射ができるので、産毛に対しても効果は高いです。
ですがデメリットとして、光脱毛器に比べると痛みが強く、赤みが数日残ってしまうことがあります。

 

ひげの生えてしまう鼻の下あたりは、顔の中でも特にデリケートな部分なのでそうした状態になりやすいんですね。
けれどそれも化粧で隠せる程度の薄いもので、数日すれば治まります。

 

施術後の毛穴に汚れが入ってしまい毛のう炎になってしまうこともあるので、施術の後は清潔に保って、保湿などのケアを怠らないようにしましょう。

 

自分ではとても濃いように感じてしまうひげですが、やはり足などに比べると毛自体は産毛のように細いものです。
効果がなかなか現れない光脱毛のサロンに通うよりは、毛根を破壊するという直接的なアプローチが可能なクリニックでのレーザー脱毛が確実性がありオススメです。
厚生労働省からの指導があり、強い照射ができるレーザー脱毛器を使用して良いのは医師だけとなっています。

 

サロンでの脱毛は太い毛には高い効果がありますが、細い毛に対してはまだ医療用には追いついていないのが実情です。

 

レーザー脱毛による強い照射による赤みや毛のう炎などのトラブルが不安な場合は、クリニックであれば医師が必ずいるので副作用に対しての相談も事前に聞くことができます。

 

クリニックにより、採用されているレーザー脱毛器に違いがあり、副作用に対しての保証などにも差があるので気になる方はあらかじめしっかりと確認しておきましょう。
光脱毛では日焼けをしている女性は施術を受けられませんが、クリニックなら可能な場合があります。

 

広告が出ているのはほとんどが光脱毛のサロンですが、効果や費用、さまざまな面を比べてみて医療脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?